« Web人間論 | メイン | Global Bridge (子育て英語支援サイト) »

Google spredsheet 計算式を入れたExcel を Web上で展開したい[ 03/ 2,2007 ] [ Webtool ] [ Works ]

Excelで貯蓄計算表を作成しました。
項目にそって、金額や年数などを入力すると、数年後の貯蓄額がいくらになるというのが算出できるものです。金利計算なども入ってます。

これをWebで展開したいと思って、どうやったらいいか考えてみました。

google spredsheetというのがありました。まさに表計算がWeb上で実現できる。

google spredsheetを使って、Excelをインポートしたら、Web上できちんと画面が表示され、数字を入れるときちんと算出してくれました。

しかし、出来たと思ったURLを再クリックすると、改めてgmailアドレスとパスワードが求められます。ということは、他の人がアクセスしようとすると、gmailアドレスを求められるようです。それだととても面倒で使ってもらえません。

単純に、サーバにExcelファイルを置く手がありました。

Web上でExcelの計算機能を使うには対話機能で出来るようです。

手順は、「aaaaa.xls」(例)ができているとして、「ファイル」・「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」で「webページ」を選択します。
次に、「選択範囲:シート」を選択、「対話機能を追加する」にチェックを入れ「発行」をクリック。
表示オプションの 、「対話機能を追加する」にチェックが入っていることを確認し、「ワークシート機能」を選択(今回は計算機能を使いたいので)。
後は、「発行」を押すだけです。

しかし、これは計算式などは使えますが、当然Web上で保存は出来ません。
ローカルに保存して、それを使う、そしてローカル上で保存、このような流れです。





トラックバック

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

hikariway-logo200.gif

About Me

川崎市でWebデザインをしていますsatokyonと申します。
ご意見ご感想はmail-mark.gif こちらから。

Powered by
poweredbyMT.gif
3.31-ja