« YouTube革命 | メイン | Web人間論 »

Typepad編(UTF-8ゆえに起こる障害)[ 03/ 2,2007 ] [ Webtool ] [ Works ]

Typepadでサイト構築をする際、UTF-8以外の文字コードを送信する必要のある検索窓をUTF-8環境で使う必要がありました。いろいろ試みましたが、結局IEは改善されずあきらめました。そのメモです。

Typepadは文字コードがUTF-8です。
この度、UTF-8のサイトからShift_JISの文字コードの申し込みフォームにアクセスした際"文字化け"が起こり、調べてみました。


1.UTF-8以外の文字コードを送信する必要のある検索窓をUTF-8環境で使う方法
http://watcher.moe-nifty.com/memo/2004/01/tips_utf8utf8.html

2.複数の文字コードをformからCGIへ送信する方法
http://search.web-sun.com/zatu/charset.html


1の場合、「accept-charset="エンコード種別" をサポートしているブラウザの場合は、 accept-charset="エンコード種別" を指定するだけで解決するのですが、Internet Expolorer の場合は、悲しいことに accept-charset="エンコード種別" をサポートしていません。」ということで、Firefoxはこれをサポートしており、このソースを埋めこむことで解決しました。

しかし、IEはどうもこれをサポートしていない。


IEでの解決方法など紹介しているサイトもありましたが、今回送信した後、「戻る」という行為もしないといけないため、これはさすがにできない(「戻る」をした時、UTF-8に変換してくれる)ため、断念しました。

今回はShift_JISの申込みフォームを使用したためこのようなことになりました。フォーム全てを一からUTF-8で構築すればよいのですが。

結局Firefoxのみ対応では問題ありなので、Shift_JISの別サーバに飛ぶようにしました。

調査不足のため起こったことです。いろいろ試みる毎に反省と発見があります。





トラックバック

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

hikariway-logo200.gif

About Me

川崎市でWebデザインをしていますsatokyonと申します。
ご意見ご感想はmail-mark.gif こちらから。

Powered by
poweredbyMT.gif
3.31-ja